アーカイブ: 2015年5月

相続に関する登記の手続きについて

相続登記は義務ではありませんが、相続人間で協議がまとまれば、相続登記を行うことをお勧めします。

土地や建物の登記名義人(不動産登記簿謄本に所有者として名前がある人のことです)が死亡した場合には、実際に相続した人に所有権移転登記(又は持分全部移転登記)を行うことができます。
“相続に関する登記の手続きについて” の詳細は »