カテゴリー: 株式とはなにか

会社を設立したい!でも、そもそも会社ってどんな形態があるんだろう!

資本金は1円以上であればよく、法律上、資本金の最低額の制度は撤廃されました。

会社を設立したいと考えた際に、一番初めに考えることは、どんな会社を設立するのかということです。
実は、会社と一言で言っても、いくつかの種類があります。
従来、会社には、株式会社、有限会社、合名会社、合資会社の4つの類型が定められていました。
しかし、近年定められた会社法では、有限会社を廃止し、新たに合同会社という類型を創設しました。
株式会社というと、大手一流企業や大企業をイメージしますが、会社法の下では株式会社は30万円程度あれば設立できます。
“会社を設立したい!でも、そもそも会社ってどんな形態があるんだろう!” の詳細は »

自由に決めて良い会社設立と役員とがいる

一般的に言われる社長や専務、常務といった名称は法律で定められたものではありませんので自由に決定することができますす。

取締役、監査役、社外取締役、社外監査役、会計などの
役割を役員と言います。従業員と会社の関係が
雇用契約であるのと同じで、
役員と会社は委任契約となっています。
“自由に決めて良い会社設立と役員とがいる” の詳細は »