相続に関する登記の手続きについて

土地や建物の登記名義人(不動産登記簿謄本に所有者として名前がある人のことです)が死亡した場合には、実際に相続した人に所有権移転登記(又は持分全部移転登記)を行うことができます。

行うことができると言うのも少し回りくどい言い方ですが、相続登記を行うことは法律上の義務ではありませんので、そういう意味では相続登記はしなくてもいいんです。

この相続登記、いつまでに申請しなければならないなどの制限ももちろんありません。しかし相続人等の全員の合意が得られたら早めに済ませておく方が無難です。なぜなら、登記は取得した方の権利を守ってくれるからです。相続人間で誰が取得するかを決めたとしても、他の人からすると誰が取得したのかが判断できないため、無用な争いに巻き込まれる恐れもゼロではありません。
 相続登記に必要な書類の主なものとして、亡くなった方の出生から死亡までの戸籍・住民票の除票又は戸籍の附票等が、法定相続人の方の、戸籍があげられます。さらに実際に不動産を取得する人は住民票も必要になります。相続人間で、協議がまとまっている場合は、相続人全員が実印を押印した遺産分割協議書と、相続人全員の印鑑証明書も必要になります。

«
»
 

トラックバック URL