遺産分割を行う前に、行うことがあります。

人が死亡すると、相続が開始します。
そして相続手続きの中で、遺産分割というものを行うことが原則です。

しかし、遺産分割をするには、遺産分割を行う対象の人、
つまり相続人が誰なのかを確定させる必要があります。
相続人の数や対象を間違えて行った協議は、無効です。
そのため、相続人が誰なのかを確定させる手続きは非常に重要です。

法律上、相続人は、子供、次に親、最後に兄弟姉妹として規定されていますが、
子供といっても、実子、養子、前妻との子、認知等の事実によって
知らない子供がいる可能性もあります。

そこで相続人を調査、確定させるために、まず相続人の確定のために
被相続人の戸籍の取得というものを行います。

戸籍には、そういった事実がすべて記載されているのです。
そのため、亡くなった方の戸籍を見ることで
相続人が誰なのかを確定させることが出来るのです。

しかし、この戸籍調査、そんなに簡単ではないのです。
といいますのも、戸籍は何回も作り直されているのです。

そのため、今の戸籍を取得しただけでは、
その戸籍を作った以前の情報が出てこないのです。

銀行などで、戸籍が足りないと言われた方もいるのではないでしょうか?
それは、こういった理由からなのです。

では、どうすれば良いかというと、
亡くなった方の生まれたときから亡くなるまでの戸籍をすべて集める
ということになります。

ご自身でも取れますが、専門家に依頼したほうが、
確実かつ早いことが多いです。

«
 

トラックバック URL