カテゴリー: 会社を設立する

会社を設立したい!でも、そもそも会社ってどんな形態があるんだろう!

資本金は1円以上であればよく、法律上、資本金の最低額の制度は撤廃されました。

会社を設立したいと考えた際に、一番初めに考えることは、どんな会社を設立するのかということです。
実は、会社と一言で言っても、いくつかの種類があります。
従来、会社には、株式会社、有限会社、合名会社、合資会社の4つの類型が定められていました。
しかし、近年定められた会社法では、有限会社を廃止し、新たに合同会社という類型を創設しました。
株式会社というと、大手一流企業や大企業をイメージしますが、会社法の下では株式会社は30万円程度あれば設立できます。
“会社を設立したい!でも、そもそも会社ってどんな形態があるんだろう!” の詳細は »

会社設立と税務署への申告

法人の確定申告の期限は、決算日の翌日から2ヶ月以内ですよ。

■誰もが頭を悩ます確定申告

個人事業主は、毎年3月15日までに確定申告しなければなりません。

勤務先以外で所得があり、還付金(払った税金が返ってくる)があるかもしれないサラリーマンなどの個人と同じ期限です。

この日までに前年の1月1日から12月31日までの会計収支・決算を済ませ、

1年度分の所得を税務署に申告することが義務づけられています。

課税売上1.000万円以上の場合は、『消費税課税事業者選択届出書』を税務署に提出し、

翌々年度から消費税の申告をする必要があり、この期限は3月31日までです。
“会社設立と税務署への申告” の詳細は »

会社設立と保険加入について

会社設立を行いますと会社の場合の健康保険と厚生年金保険の保険料は、法人と従業員が半分ずつ負担します

福利厚生や制度には社会保険の加入が義務づけられています。
法人を設立したら、所轄の社会保険事務所で加入の手続きをします。

社会保険は広い意味で、雇用保険や労災、健康保険や介護保険、
厚生年金保険について触れていきます。
まず国が運営する医療保険のことを健康保険と呼びます。
加入者本人や家族、病気で治療を受ける際には国が7割を負担して
くれる制度のことです。
“会社設立と保険加入について” の詳細は »

会社設立でかかわってくる保険料などについて

会社設立で保険料の全額を必要経費に算入することで、節税!

個人事業では、生命保険料については所得から控除することが
可能です。

本来所得税法では、個人事業主が支払った生命保険料を必要経費に算入することは認めていないのですが、

「保険金、年金などの受取金を本人、または親族とする生命保険契約や
個人年金契約の保険料を支払った場合は一般の保険料で年間5万円、
個人年金保険料で年間5万円の合計10万円を所得から控除することが
できます。
“会社設立でかかわってくる保険料などについて” の詳細は »

会社設立をするのと休眠法人を買うのとの違い

法人設立 VS 休眠かいしゃの買うにはメリットとデメリットがあります。 詳しくは、 アミーズ横浜司法書士事務所までご相談をどうぞ。

休眠の法人を買うほうが、
新しく法人をせつりつするよりも得!
こういったうわさがあります。
果たしてそうでしょうか?
“会社設立をするのと休眠法人を買うのとの違い” の詳細は »